エクステリア 目隠し

エクステリアで目隠しを上手に行う方法

家の外装を彩るエクステリアは、素材の持ち味を上手に使えば外観を損ねる事なく目隠しができます。窓の位置や自宅とお隣との距離によって、必要とされる目隠しのエクステリア種類は様々です。目隠しを上手に行う際に気を付けたいポイントは、家の外観とマッチするかです。目隠しをするのに丁度よいサイズのものを見つけたとしても、家の外観と合わなければ悪目立ちしてしまい、かえって人の目を集めてしまいます。違和感をなるべく防ぐには、アイテムを設置したい場所の写真を撮っておくと効果的です。その次に設置するためのスペースと高さをメモ書きし、商品を購入する際に外観の写真と面積のメモを見比べながら選ぶと、雰囲気に合ったものを調達できます。エクステリアに適した目隠し用のアイテムは、ホームセンターやネットで手軽に手に入れられるようになりました。

エクステリアで目隠しをするためのアイテム

目隠しをするためのエクステリアに属するアイテムとして便利なのが、外部に設置するフェンスやすだれです。DIYなどでも設置は可能ですが、大きなフェンスを設置しようとすると基礎工事が必要なので注意がいります。外に置くという事は天候の影響を受けるという事なので、基礎工事での固定をしない場合は劣化や倒壊に対する対策が必須です。費用はかかってしまいますが、自分で選んだ業者に委託して任せると、プロのアフターケアが受けられるというメリットもあります。園芸をするのが苦でない人には、フェンス以外にも蔓を上から垂らす、庭に木を植えてメリハリをつける、などの方法もあります。目隠しには他人の目を隠したい場所から逸らすのも有効なので、オブジェを庭や堀に置いたりしてアクセントにするとおしゃれ感を演出できて一石二鳥です。

目隠しのためのエクステリアの気になるお値段

目隠しをするためのエクステリアに使えるアイテムは、材質や面積、デザインといった理由からも値段は分かれます。少し大きめの成人男性位を隠す事を想定すると、180センチの木目のフェンスだと一つ五千円位のものもあります。フェンスの舌にプランターが付くタイプだともう少し割高となり、先ほどと同じ面積を隠そうとすると一万円から二万円の予算が必要です。窓を隠すためのすだれタイプだと、五千円を目安として探すと見つけやすいです。窓の近くや庭に植える目隠しを目的とした木だと、一万円から二万円です。木の場合は成長に伴った手入れが必要な場合もあるので、木の種類によっては業者委託する費用や手入れ道具のための費用も発生します。他にも珍しいものだと、ガラスの表面をあえて波立たせる事で中を見えにくくするガラスブロックもあります。こちらは手の平サイズで一つあたり五百円から千円になります。

ぽんと置くだけのものから本格的なDIYで施工を楽しめるタイプまで、100種類を超えるラインナップを実現しました。木目調樹脂でオリジナルプラスチックによる上品な木目調を実現!開発から生産まで自社で行っているので完全なオリジナル商品なので他社との差別化ができています。格子のラティスや樹脂製のデッキや縁台などガーデンを素敵に彩るアイテムを豊富に揃えております。エクステリアで家の目隠しをおしゃれにしたいなら!