エクステリア 目隠し

エクステリアで目隠しをおしゃれにする方法

「エクステリア」という言葉を聞いたことがあるでしょう。エクステリアとは建物の外側の空間や環境のことを指します。「外構」という言葉と混同されますが、外構とは塀や門や垣根など建物の周りの構造物のことを言います。エクステリアを上手に演出することができれば、建物自体の魅力がアップしておしゃれに目隠しすることができます。住まいの第一印象になる重要なエクステリアです。防犯性を高めるのにフェンスを設置したり、庭園をつくったりと活用方法によっては家族団らんの場所ができたり近所の人たちとのコミュニケーションを充実にすることが可能になるでしょう。都市部の方にいくと狭い土地に建物が密集しているため、お隣の窓が近いから目隠ししたいとか勝手に子供が敷地内にはいってきて遊んでいるなどの問題も多いでしょう。

エクステリアのデザインを選ぼう

まずはエクステリアの大まかなデザインを決めておきましょう。エクステリアのデザインはどんなのがあるかというと、「オープンデザイン」と「クローズデザイン」に分かれています。最近では両者の中間ともいえる「セミオープンデザイン」や「セミクローズデザイン」もでてきました。クローズデザインは、門扉や塀などで敷地を囲み1階部分が見えないように目隠しするデザインが主流でした。オープンデザインは、建物を囲まずにポストや表札などの必要最低限の場所の門柱だけを行うのがオープンデザインです。セミオープンデザインやセミクローズデザインは両方の良いところを取り入れたデザインです。例えば敷地を囲む場合でも高さを低くして全部隠れないようにして、駐車スペースなど一部だけオープンにするデザインのことです。

どんな場所でもエクステリアを楽しもう

エクステリアとは空間をデザインすることなのでどんな建物でも狭い場所でもおしゃれに演出することができます。参考例を紹介していきましょう。玄関をあけたらすぐ道路にでてしまう場合は、塀を建てると目隠しにもなり、少し階段を曲げることで階段が急にならず子供の急な飛び出しも防ぐことができます。なにもできないデッドスペースには鉢植えなどの花壇として利用すると華やかになりまとまりがでます。あえて大きな木を植えて狭い空間でもすっきり見せることができ目隠しとしても良いですね。リビングの窓のすぐ横に道路になっている場合などは外周をフェンスで囲いウッドデッキを作ることで坪庭のような素敵なプライベート空間が出来上がります。駐車場と窓の間をオープンにし、窓から外に出やすいようにタイルテラスにしてみました。採光パネルや横板フェンスを使って圧迫感がないようにしています。