エクステリア 目隠し

エクステリアで目隠しを成功させる

家の外構部分で、道や隣家の窓から家の中が見えてしまうのではと不安に感じることがあると思います。昔から家の周りには塀や垣根など、プライバシーを守るためや防犯の目的で目隠しがされてきましたが、最近ではその種類も豊富でおしゃれにエクステリアでの目隠しが可能になっています。ただ、塀を作ってしまうと閉鎖的で家の方からも外が見えないので、開放感がありません。そこで一番オーソドックスなのは、目隠しのフェンスを作ることです。木製調のフェンスですと、庭や植栽など緑とも相性がよく柔らかい雰囲気がでますし、採光タイプですと家の中が暗くなることがありません。塀でもデザイン性に優れたものが沢山あり、好きなものが見つかるに違いありません。狭小スペースを有効的に使った住宅も増えていますので、こういったエクステリアのニーズが高まっています。

エクステリアで目隠しするときのポイント

エクステリアで目隠しをする際には、「ファサード」と呼ばれるその部分に目を引く所を作ります。住居と道路とをつなぐ部分になりますので、半公共性が要求されるのです。外から見た建物の印象を左右する部分でもあるので、単に目隠しだと終わるよりはデザイン性を取り入れることが大切です。さらに機能性では、隙間の少なめの目隠しフェンスを選ぶと、外からの視線をカットしつつ、風も通すので通気性も確保できますし、光を取り入れられる採光型もあります。隣家との距離や道から窓の距離によって目隠しに必要な高さなども変わってきますので、どこをどう目隠ししたいのかをまず考えましょう。そして施工例などを沢山見て、こうしたいというイメージを持つことがポイントです。それぞれのフェンスなどはホームセンターやネットなどでも販売されていますので、金額等を一度確認するとよいでしょう。

エクステリアで目隠しする際に役立つおしゃれなアイディア

ウッドフェンス、デザインパネルなど、目隠しのエクステリアのおしゃれなアイデアを紹介します。目隠しフェンスとして一番の人気がウッドフェンスです。ナチュラルでどんな庭にも好相性、かつウッドデッキと組み合わせるとさらに素敵な空間に仕上がります。また、細い材木を使っているものを千本格子と言い、すっきりと和の庭にも合います。シンプルでモダンな庭に、強化ガラスの設置ですっきりと目隠しができます。強化ガラスより安価なものでは、ポリカーボネートも使用できます。耐久性、質感では劣りますが、強化ガラスと同様の雰囲気で使用でき、リーズナブルです。マットなものを選べば、採光しつつ視界を遮ることができます。そして意匠性の高いデザインパネルはインテリアと合わせて、庭に作ることができ、庭をもうひとつの部屋のようにデザインできます。