エクステリア 目隠し

最近人気の目隠しのためのエクステリア

玄関のドアを開けるとすぐ道路だったり、狭い庭だけどおしゃれに目隠ししたい時は、エクステリアを活用してみるのもおすすめです。エクステリアとは、照明や家具など建物内部の室内空間全般となるインテリアの対になるもので、門や塀、垣根や植栽、庭石など建物外部の環境や空間を演出する装飾的なもののことをいいます。上手く活用することで住まいへの満足度をさらに高めることのできるエクステリアを構成するものには、門扉やフェンス、アプローチにテラス、ガレージなどがありますが、これらは建物本体やインテリアと同じく、理想の住まいを実現させるためには欠かせない要素のひとつとなっています。しかし、エクステリアのデザインには種類があるほか、エクステリア計画を成功させるためにはいくつかポイントもあるため、エクステリアをつくる場合は、事前にエクステリアの種類や計画を進める際のポイントもしっかり把握しておくことが大切です。

エクステリアのデザインには主に3つの種類があります

エクステリアのデザインには、「オープンデザイン」・「クローズデザイン」・「セミオープンデザイン」の3種類があります。オープンデザインは、建物をフェンスなどで囲まず、ポストや表札、インターホンなど最低限必要な機能が搭載された門柱だけで済ませるもので、狭いスペースでも開放感がありますが、目隠しとしての機能はないためプライバシーの確保や防犯面には配慮が必要となっています。一方、日本の一戸建てエクステリアの主流でもあるクローズデザインは、敷地を門扉や塀などで囲み、建物の1階部分や庭が見えないようにするもので、プライベートな空間を目隠しすることができます。また、オープンデザイン・クローズデザイン両方の長所を取り入れたセミオープンデザインは、一部をオープンにしてその他はクローズにするなどライフスタイルや防犯等さまざまな要素を考慮して決めることができるので、近年人気のデザインとなっています。

失敗しないエクステリア計画とは?

プライベート空間の目隠しにもなるエクステリアですが、エクステリアを上手く活用するためには建物の周りをどのような空間に演出するかが重要となるため、エクステリアの導入を検討している場合は、事前に計画をしっかり立てることがとても大事です。例えば、どこに塀や門扉を配置するのかはとても大切なポイントの一つで、配置を決める際には玄関や窓からの動線だけでなく、周囲の環境や風通しなどにも配慮する必要があります。また、室内から見た時にバランスよく配置されているかも考慮する必要もあり、植栽や庭石を設置する際にも注意が必要なほか、塀で囲むことでプライバシーの確保や防犯の向上にもつながるため、近頃は建物の周囲を高い塀で囲んでいるお宅も多いですが、高すぎる塀は逆に周辺の景観を損ねたり、不審者の隠れ場所になる場合もあるので、エクステリアを導入する場合は周囲の景観や防犯性にも配慮した上で計画を立てることも大切です。